まぽろぐ

まぽらんのブログ、略してまぽろぐです!ひとりごとを中心に、クリックゲーレビューやネトゲ、サーバー関係等の内容を書いていきます。たまにまじめな記事も書いたりするかもしれません。

PSO2でデフレが進む理由(わけ)

   

ネトゲの中はリアルと違う1つの社会が広がっているわけですが、もちろんその中には小さな経済が存在するわけです。

今回はそんなPSO2を含めたネトゲの相場のお話。

 

現実と同じように運営はある程度ゲーム内の通貨価値を安定させるために試行錯誤も行っています。
PSO2で大きな出費は装備強化がそれに当たるわけです、次にアイテムの取引手数料でしょうか。

では主立ったメセタの産出はというと・・・・

BOT(マクロ)です。

 

どのネトゲにでも言えることですが割合が多いゲームでは流通通貨の50%以上がBOT産であるゲームもあります。

 

さてそれではPSO2ではどうなのかといえばですが、運営は大きくBOTの取り締まりを行っているものの大した影響はありませんでした。
年末では1mが50円以下まで低下し、いよいよRMTゲーとなっていたわけです。

しかし今年に入ってから1月の取り締まり以降手法を変えたのようで、以降RMTでのメセタ価格が約5倍まで高騰し在庫数も激減。
その後在庫数もあまり増えず価格もいよいよ前年末比10倍で1mが500円強になっている現状です。

PSO2のRMT依存度はおそらく全体の1/4程度だとは思いますが価格が10倍となればいくら1/4といえども価値価格は高騰、よって現在のデフレ傾向につながっているのでしょう。

またネトゲのデフレインフレそれ以外にも新機能で大きく左右されます。
年明けから強化に必要なグラインダーが軽減され試行回数が増えたため、相対的にメセタ消費が増加しこちらでもメセタ価値が上昇しています。

またアドバでⅢ付きがボロボロ出るようになったため特殊能力追加もメセタ消費が増えています。

 

今のところBOTの抑圧は続き、新武器はドンドンドゥドゥ行き、大きな変化が無い限りはしばらくデフレが継続しそうです。

BOTはいたちごっこが基本ですので今後いきなり増えるかも知れませんが・・・
RMTしないにしてもRMTの相場を見ることで今後のメセタ価値がどうなるかよく分かる・・・PSO2プレイヤーならチェックして損は無いですよね。

RMTランキングあたりで見るのがおすすめだとは思います、グラフもありますので。

 

それでは今後もPSO2を楽しんでプレイしましょう!

 - PSO2 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です