まぽろぐ

まぽらんのブログ、略してまぽろぐです!ひとりごとを中心に、クリックゲーレビューやネトゲ、サーバー関係等の内容を書いていきます。たまにまじめな記事も書いたりするかもしれません。

GalaxyS4をSoftbankの黒sim(3Gのみ)で使いたい! その1

   

nexus7を買い、Androidをまじめに使用するようになってというもののiPhone以外のスマホがほしくて仕方ない衝動に襲われています

しかしAndroidスマホを買うならワンセグやら、お財布ケータイやらを使ってみたい!
と思うとどうしても気になるのがドコモのツートップですよ。

で、じゃぁツートップのどっちがいいかと言えばやっぱりGalaxyS4ですよぎゃらくしー
だがしかし、ドコモに乗り換えるのは面倒ですし金もかかるしSoftbank回線で困ったこともないですし。

何よりLTEとかいうクソ回線はいらない。

※LTEが悪いのではなく3Gは使えるのにLTEが使えないゾーンがあるのが問題です、LTEor県外という端末が出たら喜んで契約します。

とうことで今回から数回に分けて自分がSoftbankの3G回線のみなGalaxyS4を使えるようになるまでの奮闘記を書いていきたいと思います。

 

まずそんなこと可能なの?

まず浮かぶ疑問はこれです、そんなことが可能なのかと。
自分の使っているsimは3年前にiPhone4を買った際に手に入れたいわゆる黒simってやつです(今はsimフリーの4Sで使用中)。サイズはMicroSIM。
支払いは月5700円です。通話料金以外で上乗せは一切無し。

まぁ問題はいくつかありますがそれは後に書くとして、自分が調べた限りでは可能です。
この件について調べてたら知恵袋で同じこと質問してる方がいたのでメモ代わりに回答してみました。→コチラ
以下には同じことを書きますが一応詳しく書くつもりです。

 

SIMカードのサイズの問題

iPhone4(4S)のSIMカードのサイズはMicroSIMというサイズで、GalaxyS4はNanoSIMというサイズになります。
SIMカードのサイズはただ周りにプラスチックが付いてるだけで接触面には互換があるのではさみで切るなりするだけでいいわけです。

いちおうSoftbankではsimカードの交換サービスを行っています(2000円程度)が、この交換では機種変更扱いとなりまして新しいスマホを提示する必要があります。
このスマホにLTE機能が付いているとそのプランに加入させられたりしてしまうわけです。
行って2000円払えばサイズ変えてデータ移してくれるという簡単なものではないんですよね・・・

ということで現実的にそんなことは出来ませんので自分でカッティングすることになりそうです。
実際にやるのは最後の最後なのでまだまだ先のお話なんですが。

 すいません、勘違いでした。両方MicroSIMです。

 

GalaxyS4をSIMロック解除せよ

Docomo版GalaxyS4はSC-04Eという型番です、これは初期状態でSIMロックされていますがDocomoのサービスにてSIMロック解除可能な機種に指定されていますので解除可能です。
ただしこのサービスには料金が3150円かかります。

行うにはドコモショップへ行きSIMロック解除してくださいなと店員に頼めばいいんですが、コチラの記事のようにいろいろと対応が怪しいみたいなので店員に無理です!と言われる可能性も大いにあります
しかし実際は回線契約無し、つまりオークションとかで手に入れた端末でも不正な端末でなければやってもらえますので粘り強く説明しましょう。

しかしながらもう1つ出来そうな方法があります、それがGalaxyシリーズに搭載されているServiceModeと呼ばれるものです。
SC-04Eでは普通に入ることは出来ないもののアプリ「ShowServiceMode for Galaxy LTE(150円)」を使えば入ることが出来ます。
このServiceModeでグローバル版のS4をSIMロック解除している動画がアップロードされています。
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=54yW8Y5y19A[/youtube]

上記アプリでこの方法を行うことが出来れば3000円も安く、ショップに行かなくても行うことが出来るわけです。
まぁ出来るか分からないので・・・もし出来たらラッキー的な感じで考えておきたいと思っています。

 

LTE機種なのに3G回線だけのSIMで動くの?

ここが非常に困るところです、が。
一応動きましたという記事がありました→コチラ

これによればSIMロック解除済みSC-04EでSoftbankの3G用SIMを認識したとありますので動くのでしょう。
認識さえしてくれればあとはAPNの設定を行うだけで通話、3G回線、SMSの利用は可能になります。

 

情報をつなぎ合わせた結果可能ということに

よって今後の流れが決まりました。

  1. オークションあたりでGalaxyS4(SC-04E)を入手する
  2. ShowServiceMode for Galaxy LTEを使用し、ServiceModeからSIMロックを解除できるか試してみる
  3. 無理だった場合は近場のドコモショップへ行き3150円を払ってSIMロックを解除してもらう
  4. 今使っているSoftbankの黒SIMをカットする
  5. GalaxyS4に差しこんで設定する
  6. (・∀・)Happy!

と言うことで数回に分けてこの流れを追っていきたいと思います。

タイトルに関しての話は以上ですが、最後に自分のiPhoneとAndroidに関して考えたお話を書いておくのでよかったらどうぞ。
どーでもいい話だと思うので興味ない方は全然かえってもらって大丈夫です。

 

 

 

iPhoneにこだわる理由はなくなった

順当なら何でここでS4なのかって話ですよね、だってもうiPhone5cも5Sも出るというのに。
ですがイマドキAndroidが十分実用に耐えうるということをNexus7で実感したので・・・というのが理由です。

昔のAndroidといえば、カクカクで安定しないというのが鉄板だったんですが。
もうそれは見向きも出来ないぐらいに、特に国産のAndroidはひどかったですね。

何でiPhoneは強い(かった)のか

そんなときでもiPhoneはヌルヌルしてました、でも決して性能がいいわけじゃないんですよね。
今でも当時でもiPhoneのスペックなんて中の下、発売されたばかりでも中の上ぐらいなわけです。

なのにヌルヌルしてたのはiOSだからということになるんです。
iPhoneにiOSが乗っていたからヌルヌルなんです、iOSはiPhone専用に作られたOSでAndroidのような汎用OSとはちょっと違います。

ゲーム機のエミュレーターを動かしたことのある人なんかは分かると思うんですが、PS2のゲームをPCでまともに動かすにはCore2の2.5Ghzぐらいのスペックがいるんですよね。それでもまともに動かないのもあります。
でもPS2のスペックなんてシングルコア300Mhzですよ。PCの10分の1以下で完璧に動くんです。

要するにiOS用に作られたiPhoneはまさにPS2上で動かすように作られたゲームみたいなもんなんです。
その逆もで、iOSを動かすためのiPhoneは専用の設計がしてあるわけです。

AndroidはiOSでのiPhoneのように決まった端末で動かすというわけにはいかない、そのためどの端末でも動かせるように作ってあるわけです。
つまりPC上でPS2エミュレーターを動かしてるみたいな感じにですね。

おおざっぱで、おまけに細かいとこは違うんですが・・・要するに専用OSのiOSはスペックが低くてもよく動き、汎用OSのAndroidはスペックが低いともたつくということなんです。
だからこそスマホでiPhoneは1強たりえたわけです。

それじゃ今のiPhoneとAndroidは?

iPhoneは未だに我が道を進んでいます、スペックもせいぜい中の上で(iPhone5はデュアルコア1.3Ghz)。
ではAndroidはどうでしょう、昨今はひたすらスペックを上げていて、今回のS4ではクアッドコア1.9Ghzとなっています。

このスペックでやっと、iPhoneと肩を並べられる操作感まで到達しました
やっとPS2エミュをまともに動かせるPCぐらいのスペックになったわけです。

もちろんAndroidOSの方も改良が加えられていますが、やはりこちらは汎用OSの限界は超えられません。
たとえば同ゲームをやってもiOSでは512Gのメモリが普通に有り余り、Androidは1Gあってもヒーヒー言ってるわけです。

それでも、十分なスペックを備えた以上AndroidはiPhoneと十分戦えるようになりました。

そして最も重要な操作感が同じレベルに到達したとなれば他の比較要素で勝負することが出来るわけです。

拡張性、自由度、汎用性、バリエーション・・・Androidが勝てる要素はいっぱいあります。
iPhoneに残されているのは正直言ってここ数年間でスマホ界の先を行っていたために大量に作られたアプリだけだと思います。
ですがこれもAppleが全部審査し囲い込み続ける限りいずれ抜かれるでしょう。

MacがWindowsに影へ追いやられたように・・・ですね。

これからのiPhoneとAndroid

もちろんiPhoneはまだまだ現役ですし、これからもしばらくは生き残れるでしょう。
ですが最後には現状のMacのように物好きが選ぶ逸品となってしまうのは仕方ないでしょうね。

Appleも今回iPhone5sにて64bitプロセッサを投入してスペックでも上の域に進行しようとしています。
しかしこれ以上のスペックアップこそ物好きの領域なんですよね。

たとえばPCでインターネットをするだけ、エクセルワードをいじるだけというパソコンに最新CPUはいらず、グラボを買う必要もありません
逆に3Dゲームをがんがんする人には最新CPUはもちろんのこと高性能なGPUも必要です。
iPhoneに遅れながらも今のAndroidは前者の領域に到達しました、なのでこれ以上は本当に物好き用になってきます。

まぁiPhone今後がどうなるとかはいいとしても、上に書いたように一番重要な操作性はiPhoneと比べても遜色ないんですよ。
だからこそ自分は拡張性と自由度のあるAndroidを使っていきたいなと思ったわけです。
あとSC-04EはワンセグとかFelicaとか使えますしね、そういう機能はiPhone使ってるとあこがれちゃいます。

惜しいのは今までiTunesStoreで買ったアプリ、無駄になっちゃいますけどね。そこばっかりはどうしても後ろ髪を引かれます。

 

iPhoneにBootCampが実装され、Androidを入れられるようになったらiPhoneは化けるんじゃないかと思いましたとさ。

 - ひとりごと , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です