まぽろぐ

まぽらんのブログ、略してまぽろぐです!ひとりごとを中心に、クリックゲーレビューやネトゲ、サーバー関係等の内容を書いていきます。たまにまじめな記事も書いたりするかもしれません。

目指せブログのアクセス数アップ! Part2

   

前回は、「みんなが読みたい記事を書こう」ということでコンテンツの充実についてお話ししました。
もちろんコンテンツの充実は大事ですが・・・たとえコンテンツが充実してても、人気のワードの記事を書いても・・・

Googleの検索結果に表示されなければ意味が無い!!

 

 

今更聞けない訳でもないGoogleの仕組み

Googleは世界最大手の検索エンジンです。
今ではSNSなんかも普及してますが・・・やはり今でも多くのネットユーザーは

気になるワードを検索 → そのワードに適したページが表示される → 気に入ったページに飛ぶ

という流れを踏んでいます。

この流れで大前提なのは「ページが表示される」ということ。
じゃぁどうしたら表示されるのか・・・それはBOTとよばれるプログラムが自分のサイトを見に来て概要を抽出、その後Googleのページに表示させるという流れになります。

つまり・・・まずはBOT様に来ていただかなければなりません。
しかも1回来てもらえばOKというわけでもありません、やはり何度も更新するブログでは「情報の新鮮さ」も重要になってきます。
今日起きたナイスな話題の記事を速攻で書いても、BOTが来たのが数日後で反映がさらに数日後で結局1週間後に表示されました!なんてことになってたら新鮮も糞もないですよね。

もちろんBOTも毎日すべてのWEBページを見れるわけじゃありません、あのすんごいGoogleだって糞みたいな誰も見ないブログを1日何度も巡回するなんてアホな事はしないわけです。
アクセスが多い人気のサイトの情報をすぐに反映させる事に労力を注ぐわけです。
だからこそBOT様に来ていただけるようなすばらしいページを作らねばならないわけですね。

 

 

どうやってBOTに来てもらうか

さて、たとえば・・・http://oresaikyoudaze.comというサイトを作ったとします。
このサイトを検索結果に表示してほしい!となってGoogleBOT様来てくださいーと記事に書いたとしても。

来るわけ無いです

なぜなら、Googleはhttp://oresaikyoudaze.comというサイトが存在している事さえ知らないからです。
だからまずはなんと言ってもGoogleにこのサイトを新しく作った事をお知らせして、まずは1回来ていただかなければなりません

そこで活躍するのがGoogle ウェブマスター ツールです。
コチラにはサイトマップというものを送りつけられる機能があります。
サイトマップというのは名前の通りサイトの地図のようなもので、サイトのページURLを羅列して「当サイトにはこのページがありますよーここを見てくださいねBOTさーん」とこちらから親切に教えるアイテムです。

大手ブログサイトでは自動的に生成してくれている場合が多いです。
また勝手に出しますがお知り合い風魔さんのブログではhttp://soul.blog.jp/sitemap.xmlのようにLivedoorではブログURLの後に/sitemap.xmlを付けたものを登録しておくとOKです。
FC2も同じです、他のサイトの方は「ブログ会社名 サイトマップ」とかで検索してみるといいですね。

BOTも地図があるサイトと地図が無いサイト、どっちの方が楽に巡回できるかは決まってますよね?
楽に巡回できるサイトと巡回しにくいサイト、どっちの方が検索結果に出やすいかもわかりますよね?

これを登録しておく事が必ずしもアクセスアップにつながるかと言えば何ともいえませんので注意してください。
そういう地味な面ですが・・・ほんの少しの違いでも弱小ブログには大きな違い。やれる事はやりましょう簡単ですし。
ちなみにうちのサイトのサイトマップはこんな感じです→http://mapopi.com/sitemap.xml
これはWordPressのプラグインで作ったものなのでなんか綺麗にできてますが、普通に作る分にはさほど気にしなくていいと思います。

まずはGoogleにサイトの存在を知ってもらう事、大事ですね。
1度インデックスされてしまえば定期的に来てはくれるのでそこまで神経質になる必要は無いと思います。

 

 

どうやってBOT以外の人に来てもらうか

さて、Googleにサイトを知ってもらいました。
でも自分のサイトが検索ワードで調べて50ページ目に表示されました!とか言われても、とてもじゃないですが人が来るわけがありません。

Googleの検索結果に出る事をインデックスといいますが、このインデックスの順位を上げるにはどうするのか・・・その方法は大きく2つ!

  1. Googleの検索結果に出る自分のページがクリックされる
  2. インデックスの順位が高いページからリンクされる

 

1つめはとても簡単、

検索結果がクリックされるという事 = そのページの内容は有用だ

とGoogleも考える訳なので、必然的に順位が上がります。
順位が上がれば人の目にもとまります、人の目にとまればクリックされます、クリックされれば順位が(ry

 

2つめは・・・例えば1日何万人と訪れるブログを持つ超有名人が

この記事チョーサイコー(´∀`*)
俺最強DAZE(http://oresaikyoudaze.com)

なんて書いたとします、ファンなら是非ともクリックせねばなりませんね。
でも俺最強DAZEは検索しても50ページ目にあるサイトです、この有名人ブログからかなりのアクセスがあるのに検索の50番目じゃGoogleも話題のサイトを表示しない糞検索サイトとなってしまうわけです。
だからこそこのように「インデックス順位が高いサイトからリンクされているサイト」はGoogleでは順位を上げるようになっています。
またインデックス順位が低いサイトであっても「大量のサイトからリンクされているサイト」も順位が上がります。

 

検索サイトからホームページに来る流れを「検索トラフィック」、別のページからリンクを張られて人が来る事を「参照トラフィック」といいますがこの2つを伸ばす事こそとても大事になってきます。
ちなみにブックマーク、お気に入りから飛んだり直接URLを打ち込んでページに来るのを「ノーリファラー」といいます。
ノーリファラーに関してはGoogleがどうやってもアクセスの多さを察知できないためインデックスの順位には一切関与しません。

「参照トラフィック」を増やすには何かのサイトで取り上げてもらう、SNSで拡散してみる・・・なんてのが良さそうです。
「検索トラフィック」を増やすには前回の記事のようにいい記事を書いて目にとまるようにする、自演で検索してクリックしてみるなんてのも地味に効果があるかもしれませんね、何よりインデックスの順位がものを言います。堂々巡りですけどね。

 

 

まとめ

今回はGoogleというか検索エンジンのお話でした。
SEOはさーちえんじんおぷてぃまいぜーしょんの略なのでまさに本題ですよね。
今回ずばっとアクセスを増やす方法は紹介してませんが下地とか、そういう面もとても大事だと思います。

次は今回ちょっと話したウェブマスターツールについてでも紹介しようと思います。
いろんなサイトで紹介されてますけどね。
自分のサイトを解析されている方(今日何人来たとか)はとても多いと思いますが、検索エンジンから来る過程を解析してる方はそれよりはがくっと落ちてる気がします。
弱小サイトではそっちの方が大事なんじゃないかと私は思うんですけどね。

 - HP関連 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です