まぽろぐ

まぽらんのブログ、略してまぽろぐです!ひとりごとを中心に、クリックゲーレビューやネトゲ、サーバー関係等の内容を書いていきます。たまにまじめな記事も書いたりするかもしれません。

【iis8+WebDAV】出先から自宅サーバーにある音楽を聞こう

   

どうも、実家に帰って冬が終わるまで数ヶ月だらだらするだけのまぽらんです。

実家に帰ると毎回悩むのは

  • ノートパソコンだとPCのスペックが貧弱でネトゲが快適じゃない
  • 基本的にモノがないから暇
  • サーバーがトラブったら直に触れないので深刻化する可能性
    • ルーターやONUが死んだら完全に終わり(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!

とまぁPC関連の悩みが多いんですが、今回はその悩みの中でも・・・

実家からサーバーに置いてある音楽ファイルをどれだけ快適に再生するか!

という悩みを解決すべくWebDAVを使ってみたいと思います。

 

はじめに

そもそも自分の持っている音楽ファイルは・・・一時期ボカロにはまっていた時期はうん十GBとか持ってましたが今はそんなありませんので、普通にスマホに入りきるレベルです。
が、スマホからイヤフォンで聞くんじゃPCの音が聞けないし(目的はネトゲ中のBGM用)、BluetoothなりWifiなりで繋いでいると無駄に電池を食うので論外!ということになっているのであしからずです。

だったらノートPCに音楽ファイル入れてくればいいんじゃねって思ったそこのアナタ、全くその通りです。
まぁ・・・そう言われりゃそうなんですがね、ほら、コピーとか面倒じゃないですか、うん、そーですよ時間かかるし、ノーパソはデュアルブートで空き容量少ないし・・・あと、ほら、クラウドで再生とか、かっこいいじゃないですか、うん・・・せっかくサーバー立ててるんだしね?

さて、まず快適に聞くとなれば・・・と考えたところ、やっぱり可能であれば(曲をiTunesで管理してるので)iTunesで聞く・・・更に欲張れば共有ライブラリで聞きたいと思うのが第1希望。
まぁそれが無理なのであれば、エクスプローラーから聞ければいいかなというのが第2希望。
最悪無理ならブラウザでクリックして流して・・・なんてレベルだったらもう聞く気失せますけどね(だったらGrooveSharkで聞くわって言うお話)。

なお今回の記事はiisを多少は使ったことがある人向けに書いています、iisを触ったことすら無い方には少し細部でスキップしてるので分からない場合があるかもしれません。
どうしても知りたいのでしたらコメントなり@mossan04818なりで聞いてください。
可能な限りお教えしたいと思います。

 

WebDAVを選んだ理由

候補はFTP機能を使うかSambaを使うかWebDAVを使うかーという感じになったのですが。
Sambaは設定が色々必要でめんどくさい!というかWAN越しSMBサーバーは自分の理解力ではまだ手を出せそうになかったのでとりあえず除外。
FTPとWebDAVのどっちにしようかとなると・・・第1希望のiTunesで聞くという部分に関して可能なのがWebDAVだったので今回はWebDAVを使うことにしました。

※FTPはエクスプローラーに表示はできますがドライブ文字を割り当てられないためちょっとめんどくさいという理由で排除しました。(一応FTPでも不可能ではないはず・・・?)

 

準備(サーバー側)

まずはiis8にWebDAVの機能を追加します。

WindowsServerなら役割の追加から、普通のWindowsならWindowsの機能の有効化の部分で
「WebDAVの発行」と「Windows認証」を選んでチェックを入れておきます。
wd1

サーバー機として普通に運用してるので色々チェック入ってますが・・・多分この2つだけで今回行うことに関しては動くと思います。
なおスマホとかのWebDAV接続機能のついたファイラーとかではWindows認証に対応してない場合があるのでそういう場合は基本認証を使ってみてください

なぜ今回基本認証を使わないのかというとエクスプローラーではSSLを使用していないと基本認証では接続させてくれないためです。オレオレ証明してもダメですが、レジストリをいじればSSL不使用でも通せるみたいです。
ですが別に今回の用途ならWindows認証でも困らないので今回はWindows認証を使うことにしました。

 

WebDAVを使えるように

まずは適当なサイトを作成して、物理フォルダなり仮想フォルダなりに自分が見たいフォルダを設置しておきます。
wd2

自分は

ページ名:webdav
バインド:webdav.mapopi.com
ポート:80

で設定してみました。

 

次に「認証」を押し、Windows認証のみを有効にしてあと全部を無効化します。
wd3

 

続いて「WebDAVオーサリング規則」を押して右の「WebDAVの有効化」を押します。
その後規則の追加を押します。
wd4

一番上の欄はそのままで、真ん中の欄に今回使うユーザーを指定します。
めんどくさいならすべてのユーザーを指定してもいいですし(その場合サーバー機にある全てのアカウントでログインできます)、専用のグループを作って管理する場合はそのグループ名を(Administatorsとか)、ユーザー単位で指定する場合は3つ目のところにユーザー名を入れてください。
アクセス許可の欄は全部チェックを入れてください。(あんま見慣れないですがソースはファイルを参照するって意味のようです、読み込みはファイル一覧を見るだけの許可です)

 

あとは例によってルーターのポートを開けるのですが、今回は普通に80番ポートで設定したので80を開ければいいです。(WebDAVはHTTPの拡張なので普通は80番を使う)
で、出た~wwww無闇に80番開ける初心者奴~wwww っていう方は上の80ってところを例によって好きなポートに変えてください。
ただし80以外を指定する場合後でポート番号を指定してやる必要があります。

 

接続(クライアント側)

エクスプローラーを起動しPCの上で右クリック(Win7とかはコンピュータ?的な名前だったような)してネットワークドライブの割り当てを選択します。
wd5

 

お好きなドライブ名を選んで、フォルダーの部分に「http://[サーバーのIPアドレスまたはドメイン]/」と入れます。
もし先ほどポート場号を違うもの(例として12345)で指定した場合は「http://[サーバーのIPアドレスまたはドメイン]:12345/」と入れます。
wd6

 

完了を押すとなんか接続し始め、資格情報を入れてください的なメッセージが出るので上で指定したアカウントでログインします。
wd8

 

そうするとエクスプローラーにネットワークの場所としてドライブ名付きのWebDAVサーバーが表示されるようになりました!
wd7

このように設定しておけばWAN越してもLAN内の共有ドライブみたいに使うことができるので便利ですよね。
なおWebDAVはデフォルトで50MB以上のファイルを扱えません、レジストリをいじると上限を変えられるので必要な場合は設定してください。

クライアント側のHKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetServicesWebClientParametersのFileSizeLimitInBytesを好きなサイズに変更すればOKです(4GBぐらいまで、正しくは16進数でffffffffまではOKらしい)。
詳しいことは「WebDAV 50 制限」とかでぐぐってみてください。
以上でWebDAVサーバーの構築は終わりです、以下はiTunesで聞く話なので興味がある方はどうぞ。

 

iTunesでライブラリを読み込んでみる

例えばサーバーでE:musiciTunesという場所に設置しているのであれば、
iisでEドライブを直接指定するか、適当な場所を指定して仮想ディレクトリでmusicフォルダを指定すればいいです。
あとはクライアントでドライブを追加する際にドライブ文字をEで追加すれば完了ですね。
こうすればサーバーでも、クライアントでもどちらもエラーを吐かずに同じライブラリをそのまま使うことができます。

※音楽の保存場所をiTunesに整理させていない場合は曲があるフォルダもサーバーと同じフォルダ構成になるように設定しないと曲が見つかりませんとか言われれちゃいますので注意してください。

iTunesを起動する時にシフトボタンを押しながら起動するとライブラリの選択になるのでこの方法で起動します。
ライブラリを選択でネットワークドライブからライブラリを選択します。
wd9

wd10

キタ━(゚∀゚)━!
やっぱiTunesで聞かないとね!カラオケVerとかチェック外しとけばシャッフルで飛ばしてくれるし!
流石にネット越しじゃサーバーにpingが15msぐらいかかるし、速度も早いとはいえないのでちょっと音楽始まるまで遅いですが・・・こればっかりは安い実家回線なので仕方ない。

 

まとめ

と、いうことで一応第1希望のiTunesを実家からサーバーにあるライブラリで開くことに成功しました。
できれば共有ライブラリでやりたかったんですが、ポートを変えて転送なりトンネルなりして・・・と難しすぎて自分にはまだ無理そうです(;´Д`)
まぁこれはこれでいいかなーって気がします、iPhone使いの方は出先からでもいつも使ってる家のライブラリで同期、曲の追加とか何でもできますからね
まぁネット回線の速度にガンガン影響をうけるのでいつでもどこでもって訳にはいかないかもしれませんが。

これでネトゲ中も少しは退屈せずに済みそうね(´∀`)

 - サーバー ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です