まぽろぐ

まぽらんのブログ、略してまぽろぐです!ひとりごとを中心に、クリックゲーレビューやネトゲ、サーバー関係等の内容を書いていきます。たまにまじめな記事も書いたりするかもしれません。

Windows8.1をビルドインAdministratorで運用しようとした時困った3つのこと

   

ビルドインAdministratorというのはWindowsをインストールする際に使用されるすべての権限を持ったアカウントのことです。
これを運用すればUACに邪魔されることも、ファイルの書き込み読み込み権限を気にすることも一切なくなるので、真の意味でAdmin(管理者)であれるというわけですね。
セキュリティ的にどうだのっていう話は抜きにして・・・

せっかくOSを再インストールしたので今回はこのビルドインAdministratorで運用してみようかな、と思ったわけです。

 

それでまぁすんなり行けばいいんですが、色々と問題が起きたのでその辺をまとめました。

その1:ストアアプリが使用できない

badmin1

ビルドインAdministratorではストアアプリが使用できません。
正しくは「管理者承認モードが無効なっているアカウントでは使用できない」です。

対策はコントロールパネル→管理ツール→ローカル セキュリティ ポリシーを開き、ローカル ポリシー内のセキュリティオプションから

ユーザー アカウント制御: ビルトイン Administrator アカウントのための管理者承認モードを使用する

を有効にして再起動です。

 

その2:上の対策をするとUAC警告が出る

上でいじった設定はAdministratorでは普通聞いてこないUACの警告をONにするのと同意義なので必然的に出てしまいます。

対策はコントロールパネル→ユーザーアカウント→ユーザーアカウント制御設定の変更にて、バーを一番下まで下げればOKです。

 

その3:ビルドインAdministratorアカウントではMicrosoftアカウントに関連付けできない

badmin2

Windows8では可能だったようですが8.1から不可能になったようで、いろいろ調べましたがどうやら現状対策はない模様です、さすがに需要がニッチすぎるのかもしれません。

Windows8でビルドインAdministratorを使用していて、そのままアップデートしてしまうとメトロアプリ起動時に接続できない起動できないエラー祭りになるので注意しましょう。
ちなみにエラーコードは0xd00000bbです。

もしこのコードが出て困っている場合は新しくアカウントを作成してそちらに関連付けさせましょう。

 

 

自分は3つ目が非常に困るので、結局今回は諦めて別のアカウントを作ることにしました。1度Microsoftアカウントの同期機能に慣れると抜け出せなくなりますなぁ

 - PC関連