まぽろぐ

まぽらんのブログ、略してまぽろぐです!ひとりごとを中心に、クリックゲーレビューやネトゲ、サーバー関係等の内容を書いていきます。たまにまじめな記事も書いたりするかもしれません。

レビュー:倉野くんちのふたご事情 – CUBE A-

   

 

Title:倉野くんちのふたご事情
Maker:CUBE
Relese:2012年11月30日
PlayTime: 約25時間

 

※クリックゲーレビュー一覧は→こちら
※クリックゲーレビューの評価基準等の詳細については→こちら
※重要なネタバレ有り内容に関しては一番下に別欄として書いています。

 

ゲーム特性表

ゲーム特性 重視レベル
ストーリー重視度 ■■■■■■□□□□ (6/10)
Hシーン重視度 ■■■■■■■■■□ (9/10)
キャラ重視度 ■■■■■■■■■□ (9/10)

制作会社はストーリー重視の会社ですが今回の作品は冒険(?)でしょうか、かなり抜きゲー寄りというか完全に抜きゲーですね、はい。

 

ゲーム評価表

項目 評価レベル ランク
ストーリー ■■■■■□□□□□ (5/10) B-
構成(設定,世界観) ■■■■■■□□□□ (6/10) B+
キャラクター性 ■■■■■■■■□□ (8/10) A+
音楽 ■■■■■■■■□□ (8/10) A+
声(演技力) ■■■■■■■□□□ (7/10) A-
グラフィック ■■■■■■■■□□ (8/10) A+
システム ■■■■■■■■■□ (9/10) S-
Hシーンクオリティ ■■■■■■■■□□ (8/10) A+
総合評価 ■■■■■■■□□ (7/10) A-

 

総合評価

ストーリーはまぁこのゲームが抜きゲーだと考えれば笑って済ませるレベルです。
ストーリーにこだわる方はご遠慮したほうがいいかもしれません、あとハーレムというか初期状態から周囲の好感度がMAXでスタートするゲームが嫌いな方も吐くかもしれません。。。
おまけに姉妹たちはなんの抵抗もなく主人公とやろうとしますし、主人公もあるとか言いつつほぼ0なのでまぁお察しですかね、抜きゲーなら普通ですが。
回想モードで数えればHシーンは全てで51個というガチ抜きゲー真っ青のボリュームです、そのボリュームを公式では一切広報してないところはどうかと思いますが。
まぁキャラは際立ってますし、とにかく!シーンのボリュームがやばい!そう考えればやはりやってよかったと思えるゲームだと思います。

 

ストーリー

このゲームをストーリーゲーと考えるなら超薄っぺらい糞ストーリーの一言につきます。
ですがまぁHシーン51個というストーリーゲーとは考えられない要素がありますので抜きゲーと考える方が自然でしょうか?
そう考えれば抜きゲーにしてはストーリー頑張ったなぁ・・・というかストーリが一々しがらみに感じるレベルでしょうか?
なんだかどっちで判断していいのかよくわからないゲームですね。

 

構成(設定,世界観)

各キャラの設定に関しては全員家族で中学生?(もしかしたら高校生かも)ということで、全員兄弟ですのでいきなり好感度はMAXからスタートです。
世界観は一般的な日本の街ということで日常ものということでしょうか、家族以外の立ち絵のある登場人物は2人しかいません。
抜きゲーと考えれば特に問題のある設定というわけでは無いかと思います。

 

キャラクター性

キャラはそれぞれ個性的ですがどうやら双子同士では一部似通った部分があるという設定のようですね。
終始序盤の性格を維持して特にキャラが変わるとかはないです、ハーレムENDでは全員精神崩壊状態ですが・・・まぁ精神崩壊しないとハーレムとか無理ですよね。
どのキャラも魅力的でとてもいいと思いますよ。

 

音楽

OPED共に自分の大好きなDucaさんですし、もちろんいい曲ですのでいいですね!
BGMに関しては特に思うところはありませんがまぁそれなりの出来ということでしょうか。

 

声(演技力)

今回は特にお気に入りの声優さんがいるというわけではありませんが・・・演技力に関して言えばどのキャラもいい感じでした。

 

グラフィック

CUBE(CUFFS)さんの絵は相変わらず塗りが上手いと思います。それにやっぱSDがいいですね・・・かわえぇ・・・

 

システム

基本的なシステムは全完備ですね、プレイに支障はありませんしnoDVDも楽ですね。
独特なのは・・・中外どっちに出すかの自動選択機能があります・・・そしてなんとも驚いたのが絶頂カウンターですね。。。
なんとあと何スクロールするとフィニッシュに到達するかが右側に表示されます、これでフィニッシュをミスって萎えまくることもなくなる・・・はず?
すごくいい機能だと思います、これは高評価でしたね、まぁそこら辺が抜きゲーだと思わせる要因の1つなんですが・・・

 

Hシーンクオリティ

圧倒的ボリューム、51個の回想シーンです・・・恐ろしい・・・。抜きゲーでもこんな多いやつはそうそう無いですよ・・・。
おまけに効果音としてクュチュクチュ音(婬音)やBGVで主人公会話や白文字読んでる時もどんどんテンションが上ります。
こういうクオリティのHシーンになれるとただのボイスだけのエロゲが物足りなくなりそうですね・・・
ところがどっこい基本的な所が欠けていてすごくがっかりしました・・・アレだけのHシーン数を持ちながら立ち絵で出てきた服でのHシーンが一部無いという由々しき問題です。
例えばそれは浴衣だったりするわけですが・・・すごく残念でした、シチュエーション体位も大事ですけど着てる服も大事だと思うんだ・・・
ただやはりボリューミー過ぎてこれを全部おかずとして消費するには一体何ヶ月かかるのやら、1回りした頃には最初のやつからやり直ししても飽きないんじゃないかってぐらいとにかく多いですね。

 

 

コメント

倉野くんが公式で公開された時こんなクソ設定でまともなストーリーが作れるのか・・・?といやーな予感がしたんですがまぁある意味その予想は的中したわけで。ストーリーはどんまいでしたね、あの初期設定じゃこれが限界・・・
体験版をやった時に付いてるHシーンがなんと6個もあったのでこんなに付けて大丈夫なのか・・・? と思ったわけですが製品版で51個もシーンがあればそりゃ困りませんよね6個ぐらい(ry
ストーリーは正直抜きゲーだと考えるといちいち絡みついてきてうっとおしいぐらいじゃないでしょうか、抜きゲーならもっとあっさりしたストーリーがいいと思いますね。
概ねストーリーは離婚するぞ→親出ていく→誰か1人と親しくなる→2人の愛の力で何かをする→親仲直りという感じです、ただ1人みこと姉さんだけは違いましたが・・・正直1人だけ違くてびっくりしました。

一番好きなキャラは[倉野みこと]です!天然元気ハツラツキャラはやっぱいいですね!名言は「スパッツだから恥ずかしくないもん」
次点で[倉野弥恵]でしょうかね・・・体験版では中途半端だった健気さが終始発揮されててずっとイイコダナー状態でした。
ただHシーンに限れば[倉野智花]もよかった・・・です。

ハーレムとかいきなり好感度MAX状態ゲームとかはあまり好きじゃありませんが、抜きゲーと割り切ればとても楽しめる作品でした!

 

 

 

ネタバレ有りコメント

[倉野いずみ]さんは体験版ではただの外面完璧エロ姉でしたけど本編ではお祭り開催のために暗躍するという立ち位置で・・・みことルートでも結局最後までその苦労を公開しないというひどさでしたね。人気投票最下位でしたけど多分発売後投票も最下位ですわ・・・

[倉野みこと]さんは体験版からお気に入りのキャラでしたね・・・人気投票では2位だったのですごく残念ですよ。
本編が始まって弥恵さんの超健気さに決心が揺らぎ智花さんのHシーンのやばさに目を奪われたりしたわけですが・・・でもやっぱり一直線バカに見えて家族のことを考えてる(内容は・・・orz)ですがやっぱ空回りもいいですね!かわいいですもの。
しかしストッキング破くとかならまだしもスパッツをはさみで切るって・・・驚きましたわ。あとみことさんEDだけ親仲直りしないし・・・あれは唖然としましたよ・・・
こんなかんじだと発売後投票は多分智花さんと弥恵さんに負けそう・・・頑張ってみこと姉ぇ!

[倉野智花]さんはストーリーが・・・唯一家族に2人の関係をどや顔公開したわけですが アレはないですよねぇ・・・普通言わないでしょ(´・_・`)
あとスペシャルケーキ、いきなり作りますとか・・・いやそれは無いだろと、アホかと。あれは完全に家族を冒涜してますわ。そんでせっかく作ったと思えばいきなり親が帰ってきて親が作るとかなにこれひd(ry
まぁ双子の片割れということで一応メインヒロイン的な立ち位置ではありましたね。 どのルートでも終始絡んでくるし・・・。
それにしてもHシーンの良さは飛び抜けて1番でした・・・特にリモコンがよかったなぁ・・・。

[倉野弥恵]さんはやっぱり健気だった・・・体験版ではそこまで感じなかった健気さが爆発しましたねぇ・・・なんかもうそれだけでお腹いっぱいです。

[倉野絵麻]さんはまさかの淫乱・・・いやびっくりだよ!どうしてこんな子に育っちゃったの!
この5人の中で1番エロいんじゃないですかね・・・夜這いとかしてるし・・・いやいくら不安だったからってやりすg(ry

 - クリックゲー , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です