まぽろぐ

まぽらんのブログ、略してまぽろぐです!ひとりごとを中心に、クリックゲーレビューやネトゲ、サーバー関係等の内容を書いていきます。たまにまじめな記事も書いたりするかもしれません。

レビュー:恋する彼女の不器用な舞台 – CUBE B+

   

koikano

Title恋する彼女の不器用な舞台
MakerCUBE
Relese:2014年11月28日
PlayTime: 約20時間

 

※クリックゲーレビュー一覧は→こちら
※クリックゲーレビューの評価基準等の詳細については→こちら
※重要なネタバレ有り内容に関しては一番下に別欄として書いています。

 

ゲーム特性表

ゲーム特性 重視レベル
ストーリー重視度 ■■■■■■■■□□ (8/10)
Hシーン重視度 ■■■■■■■■■□ (9/10)
キャラ重視度 ■■■■■■■■□□ (8/10)

 

 

ゲーム評価表

項目 評価レベル ランク
ストーリー ■■■■■■□□□□ (6/10) B+
構成(設定,世界観) ■■■■■□□□□□ (5/10) B-
キャラクター性 ■■■■■■□□□□ (6/10) B+
音楽 ■■■■■■■■□□ (8/10) A+
声(演技力) ■■■■■■□□□□ (6/10) B+
グラフィック ■■■■■■■■□□ (8/10) A+
システム ■■■■■■■■□□ (8/10) A+
Hシーンクオリティ ■■■■■■■■■□ (9/10) S-
総合評価 ■■■■■■□□□□ (6/10) B+

 

総合評価

まぁ端的に言ってしまえば、面白くはなかったです。と言うより面白くなる要素がどこにもなかったですね。

 

 

ストーリー

基本的に面白いところはないので悪いところがさらに目立つ感じでした。とりわけメインヒロインとおもわれる真優さんのルートはひどく、真優ルートというよりは主人公ルートという感じです。ヒロインを愛でたり、ヒロインの話の悩みを主人公が解決するのが普通じゃないんですかね。普通ばっか過ぎてもつまらないですけど・・・

 

構成(設定,世界観)

ク☆ソ

特に真優さんの過去の設定がクソすぎます。というよりキャラクター全体的に過去がずさんすぎます。とりあえず今の時間軸だけ何とかなってればいいんだろみたいな感じしかしませんでしたね。

 

キャラクター性

コチラも今回はひどい、特に真優さん・・・何回も出し過ぎですが悪いから仕方ない。可愛くないわけでは無いですが(少なくとも自分は可愛いと思います)、プライドがあるのかと思えば流されまくったり、アホになってみたりと性格が定まっていません。あと今回は主人公もちょっと発言がどうかしてるなぁという部分が多かったですね。

 

音楽

OPED共にいい感じでした、BGMもなかなかにはいい感じ。ここは安定ですね。

 

声(演技力)

下手な人が多いなぁ!という率直な感想です。いつも声の評価って(大体どの作品もほとんど問題ないので)難しいなぁと思っていたんですが今回は普通に下手だと思いました。特にアリスさん、泣いてるシーンが笑ってるのかと思いました。

 

グラフィック

基本的にはGoodです。カントクさんですしね、今回はいつもと少し塗りが変わりましたけど。が、SDを描いた人は正直微妙でした。なんか顔が生気を感じない・・・死んだキャラ見てるような感じがします。

 

システム

特筆点なし

 

Hシーンクオリティ

ボリューム的にもクオリティ的にも問題なしです。絵もクオリティが高いのでその点はバッチリですね。

 

 

コメント

まぁ今回は・・・期待はしていましたが正直がっかりという感じです。CUBEは大好きなので甘い評価になっちゃうかなーなんてやる前は思ってましたが、やり終えて「あーこりゃ駄目だ」という感じ。まぁ実際特に良い点が見つからないので仕方ないですね。
もちろん「グラがいい、さすがカントク!!!」とか、「キャラがかわいい、アリスたんかわえええ!!!」とかはありますがそんなの大抵のエロゲーで言えることですし評価するまでもないかなぁと。

まぁあの・・・次回作楽しみにしてます。mintCUBEの新作も楽しみにしてますよ。

 

 

ネタバレ有りコメント

トゥルーエンドはバットエンドだったんですね。

 - クリックゲー , , ,

Comment

  1. すー より:

    真優ではなくナタリールートをプレイしましたので。ネタバレ多し。

    序盤(あらすじに書かれてる上演のシーンまで)はほぼ同一で、ヒロインルート分岐のためにある模様。心情シーンが多すぎて見てて飽きましたね。Ctrlキーで飛ばしたところもいくつか。上演までの練習シーンも少なく微妙。ヒロイン全員と添い寝シーンが2回あったけど、使いまわしされていた点も×。
    しかし上演が終わるとそこから分岐に入ります。ナタリールートではナタリーがどんな作品を執筆しているか、変態度合いなんかがわかります。セリフシーンが格段に増えるのでここからは◎。
    Hシーンは抜きゲーより短くて見てて辛くない。絶頂ゲージもよかったです。

    個人的に先生とまりあさんがハマりなんですけど、SEの欄見たら二人のところもあったのでメインヒロイン+サブヒロイン2人が攻略可能っぽい。

  2. すー より:

    真優ではなくナタリールートをプレイしましたので。ネタバレ多し。

    序盤(あらすじに書かれてる上演のシーンまで)はほぼ同一で、ヒロインルート分岐のためにある模様。心情シーンが多すぎて見てて飽きましたね。Ctrlキーで飛ばしたところもいくつか。上演までの練習シーンも少なく微妙。ヒロイン全員と添い寝シーンが2回あったけど、使いまわしされていた点も×。
    しかし上演が終わるとそこから分岐に入ります。ナタリールートではナタリーがどんな作品を執筆しているか、変態度合いなんかがわかります。セリフシーンが格段に増えるのでここからは◎。
    Hシーンは抜きゲーより短くて見てて辛くない。絶頂ゲージもよかったです。

    個人的に先生とまりあさんがハマりなんですけど、SEの欄見たら二人のところもあったのでメインヒロイン+サブヒロイン2人が攻略可能っぽい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です